ブラックジャック必勝法 賭け金をパーレー法にしたら?

ブラックジャックの必勝法・攻略法ベーシックストラテジーに
パーレー法(逆マーチンゲール法)で賭け金を増減したら?

      

パーレー法(逆マーチンゲール法)はルーレットで良く使われる
少額の資金を大きくふくらますベット法(賭け金の増減方法)です

      
マーチンゲール法は、負けたときに一気に取り返すために
負けたら倍賭けする法ですが、
      
逆マーチンゲール法(パーレー法)は、1ドルが最少単位の場合ですと
1ドルを賭けて、勝って配当が1ドル付いたら、配当と最初の賭け金の合計を
次に賭けます。
      
そして、負けたら1ドルからまた始めます。
      
このやり方を目標額になるまでやり続ける、というものです。
      
10連勝すると1ドルの元金が1,024ドルにもなり、
10連敗しても1回1ドルの損、つまり10ドル損するだけです。
      
表にすると、こんな風になります。
逆マーチンゲール法(パーレー法)
      
      

パーレー法をブラッジャックで使った結果は稼げた?

      
ブラックジャックの必勝法・攻略法は「ベーシックストラテジーに従うこと」
に尽きますが、
      
賭け金の額については、
常に一定額にする場合もあれば、
ここで勝てると踏んだら、ベット額を増やす、という方法もあります。

      
賭け金を増やしたり、減らしたりを
パーレー法(逆マーチンゲール法)でやってみようというわけです。
      
今日は、32レッドカジノで試してみました。
32redブラックジャックをパーレ―法1
      
26回プレイした結果は以下の通りです。
      
32redブラックジャックをパーレ―法実績
      
13回毎に表が分かれてますが、26回プレイしたわけです。
      
結果は、ほとんど増減無しでした。
      
      
そもそも、今回は
ベーシックストラテジーのチャート表通りにプレイしても
負けてしまうか(×)、引き分け(△)に終わった比率が38%と
少ないです。
      
この比率が50%近くまで行かないと、なかなか勝てないです。
今回は運が悪かったというべきでしょう。
      
そんな中でも、勝ちが続いたときは、確かにパーレー法が
利益を増やすのに効いています。
      
最後の3回で勝ちが連続したときに、配当を次の賭け金の最少単位
(この場合は2ドルが最低ベットだったので、2ドルが最小単位)
に足して、次の賭け金とするわけです。
      
連続して勝ったときに、一気に負けた分を取り戻せたので、
そこで終了としました。
      

ベーシックストラテジーで勝率を上げつつ、
連続して勝てた時に配当を大きくする、というのは効果がありますね。

ブラックジャックで稼ぐのに、本サイトでイチオシのオンラインカジノは32レッドカジノです。
ブラックジャックでおすすめしたいオンラインカジノ
をご覧ください。

ここまで読んで頂いて、お役に立つところがありましたらクリック頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ
にほんブログ村


コメントを残す