ワイルドジャングルカジノ ソフトのインストールから登録、入出金方法

ワイルドジャングルカジノについて、ソフトウエアのインストールから登録方法について、ご説明させて頂きます。

オンラインカジノの総合情報サイト「オンカジ」の案内ページから登録されると特典が付きます。

二つあります。
■ 新規登録、入出金に必要なWebank、ネッテラーへの登録といった手続きや、ボーナス取得のためのマニュアルが貰えます。
(ワイルドジャングルカジノは日本語対応していますが、オンカジは更に懇切丁寧に説明してくれるので、つまづき無く進められます)
■ オンカジ独自のボーナスが貰えます。(期間が限られているので、最新条件は変わっている可能性があります)
(1)ジャックポット専用で、入金額の150%、最高$500までプレゼント!
   対象となるゲームが限定され、賭け総額に条件が付きますが、当る確率を上げることになります。
(2)ワイルドジャングルカジノにリアルマネー登録すると入金なしでも$30のプレゼント!
   初回入金ボーナスと併せて受け取ることが出来ます。

<登録までの手順>
ワイルドジャングルカジノのソフトインストールから登録までは、安心オンラインカジノ総合案内に詳しく書いてありますが、ここでは大まかな流れをご説明します。

(1)ワイルドジャングル公式サイトから日本語版カジノソフトをPCにダウンロード

(2)PCにカジノソフトをインストール、ソフトを起動して

(3)無料プレイ か 有料プレイ かを選択
  初めは、無料プレイでの登録をお勧めします。画面の指示に沿ってメールアドレスを登録するだけです。

(4)ロビーに戻って 有料プレイ を選択するか、カジノソフトを再起動すると

(5)登録画面が出てくるので、名前・住所・電輪番号等(すべてローマ字)を入力します

(6)カジノから登録完了のメールが届いて、IDとパスワードが記載されているので保管しておきます。
   (無料プレイのIDとは別のIDになってます)

<有料プレイ・入金から出金>
入出金概念図

(1)ソフトウエアを起動して有料プレイを選択すると、残高が無い場合は「ご入金」画面に誘導されますので、そこに移動して入金します。

ワイルドジャングルの場合は、2つの入金方法(ネットバンク・電子通貨サービス)が用意されていて、そこに入金すると、カジノチップが購入出来てプレイすることが出来ます。

 ①Webanq(ウェバンク):
  ジャパンネット銀行の口座を持っていると、24 時間入金が可能です。
  最初はウェバンクを使うのが一番簡単だと思います。

 ②NETELLER(ネッテラー):
  ネッテラーの「Net+カード」を作っておくと、
  カジノで勝った金額をコンビニの ATM から出金することができるようになります。

(2)ロビーに入場してプレイ開始
公式サイトはこちらです。カジノソフトのインストール、入出金、ボーナス取得方法についてのマニュアルが取得出来ますので、是非ご活用下さいね。
美人ディーラーと対決!楽しく稼げるオンラインカジノ

(3)出金
Webankの場合は、出金手続きの2営業日ほどでジャパンネット銀行等、登録した銀行から出金出来ます。
ネッテラーの場合だと、「Net+カード」を作っておくともっと簡単で、コンビニATMから出金出来ます。
ネッテラーの口座開設から入金・出金までの手続きについては、安心オンラインカジノ総合案内をご参照下さい。

ここまで読んで頂いて、お役に立つところがありましたらクリック頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ
にほんブログ村

ベラジョンカジノ 登録方法、入出金方法

ブラウザベースのソフトなので、ダウンロードしなくてもスマホでもプレイ出来る、クレジットカード入金が出来る、ということで便利なベラジョンカジノですが、登録から入出金方法までをご説明します。
ブラックジャック20140113

オンラインカジノの総合情報サイト「オンカジ」経由で登録すると登録・入金のマニュアルが貰えたり特典が付くので、こちらベラジョンカジノから入るのがお得です。

(1)登録

●上記のオンカジのサイトでマニュアルを貰って、ベラジョンカジノの公式ホームページに行き、登録するをクリックします。

●ベラジョンアカウント登録画面がでてきます。
(画面の右上で言語を日本語にしておくといいです)
①メールアドレスとパスワード
②姓名を日本語とアルファベット
③連絡先の電話番号
④生年月日
⑤住所、国
⑥通貨:ドルしか選択できません

 

(2)入金

2つの入金方法があります。

①クレジットカード

現状はVISAのみですが、一番簡単な入金方法がこれです。ただ、出金はアイバンクかネッテラーからになります。
クレジットカード入金方法動画

② i-BANQ(アイバンク)

ネットゲームで使われる電子通貨ですが、これも入金に便利ですし出金も出来るのが更にイイです。
アイバンクの電子通貨は、日本の銀行口座への振込で購入することができるのですが、
楽天銀行の口座を持っていれば、一層便利で24 時間購入が出来ます。
アイバンク入金方法動画

(3)出金

① i-BANQ(アイバンク)

ベラジョンのホームページ上から手続きします。ベラジョンのアカウントから、「i-BANQ」口座へ引き出し、そこから、日本の通常の銀行を通して引き出すことも可能ですが、最も便利なのが楽天銀行口座へ引き出すことです。
ベラジョン利用者が増えているのは、このアイバンク・楽天銀行のという便利な組み合わせが出来るからではないか、と思えるくらいです。
アイバンク出金方法動画

 

「オンカジ」経由の特典について

ベラジョンカジノに無料会員登録をするだけで$15が貰えるというキャンペーンを行っています。
登録が完了したら、ベラジョンカスタマーサポートにメールにて$15ボーナスの申請するだけです。
サポートからの返信後、ボーナスが反映されて入金不要で有料版で遊べます。これ、かなり楽ちんです。

有料ゲームが出来るようになると、ライブゲームの美人ディーラーの姿を見ることが出来ます。

 

もう一つ、登録から入出金まで事細かに書いてくれているブログ「ベラジョンカジノ」があって、こちらのサイトもスゴク役立ちました。

 

 

ここまで読んで頂いて、お役に立つところがありましたらクリック頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ
にほんブログ村

カジノの信頼性、安全性に関するちょっとイイ話

カジノは成熟した大人の遊び場・社交場です。
ラスベガス

ところが、日本ではこれまでカジノ=ギャンブル=賭博 というイメージ作りが行われてきました。

本当の「賭博」「バクチ」はFXや、株式先物や商品先物、更にはデリバティブといった実態の無い金融取引です。
何故なら、自分が賭けたお金の数十倍もの損が当たり前に出るからです。(それを分かった上でハイリターンを求めて取り組むのは個人の自由です)
カジノは、手持ちのお金しか賭けることが出来ませんし、賭けたお金以上に損をすることは絶対にありません。

ラスベガスのカジノの歴史は、ギャングの介在を排して、健全で公平な賭けが出来る体制を整えることでした。

ブラックジャックに関していえば、ネバダ州の統計ではカジノは年間平均19%もの収益を上げているそうです。以前の必勝法の記事でもお伝えしましたが、ディーラーの優位性は、僅か5.5%であるにもかかわらずです。
ならば、カジノは何か特別なプレイヤーを誤魔化す手段があるのでしょうか。

カジノのプランナー、ディーラーの指導者アンドリュー・F・ゴールドスミス氏のエピソードをご紹介します。

彼が、あるカジノホテルで若手ディーラーの一人が解雇された現場に立ち会ったそうです。
そのディーラーが解雇されたのは、休息時間にカードを使ったトリックの練習をしていたからでした。

仲間たちが解雇の再考をとりなそうとしましたが、マネージャーは頑として拒みました。

「彼がトリックを練習すれば、いつの日か実際に利用したくなる。もし露見したら、うちのカジノが閉鎖になるだけでなく、そんなインチキとニュースが伝わったらお客さんがこの町に一人も来なくなる。今ここで彼を許せば、君たちにもトリックの練習くらいは許すことになる。我々の生活は、公平なギャンブルが好きなプレイヤーによって支えられていることを忘れてはいけない。」

この言葉に、カジノを運営する人々の姿勢、心意気の全てを感じることが出来ます。

日本でも実績のあるオンラインカジノについても同様で、きちんとした認可手続きと監査の元で運営されることで、公平性、安全性をきちんと証明し、安心してプレイヤーが集まれるようにしているわけです。

このサイトでおすすめしているオンラインカジノは、実績、信頼性、安全性の面で安心してプレイ出来ると思います。

32レッドカジノ

ベラジョンカジノ

ここまで読んで頂いて、お役に立つところがありましたらクリック頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ
にほんブログ村

ブラックジャック必勝法 勝つための考え方 5

ブラックジャックの必勝法、勝つための考え方の5回目です。
今日は、インシュアランスとカードカウンティングについてです。
ラスベガス

(10)インシュアランスは賭けない方がいい

インシュアランスというのは、ディーラーのアップカードがAのときに、ブラックジャックを封じるための保険賭けのことです。

隠されたカードが10点札であれば、保険賭けをしておくと2 to 1(2倍)の配当があります。最初の賭け金は負けになりますが、結局差し引き±0になるわけです。

52枚1組のカードの場合で考えますと
■10点以下:36枚  比率2.25
■10点札 :16枚  比率1

となりますので、2倍の配当ではプレイヤーにとっては不利になります。

プレイヤーにもブラックジャックが出来ている場合、A 2枚、 10点札 1枚が分かっていますので、残りのカードの比率は
■10点以下:34枚  比率2.26
■10点札 :15枚  比率1

となりますので、これまた2倍の配当ではプレイヤーに不利です。

このようにインシュアランスを賭けると、カジノ側に有利になってしまうので、保険は賭けないと割り切って、スプリットやダブルダウンの判断にエネルギーを注いだ方が良いと言えます。

(11)10点札はどっちに味方する?簡単なカードカウンティング

抜群の記憶力を誇る人は、ブラックジャックで勝つことが可能です。
エドワード・ソープ氏の「Beat the dealer」でも、10点札がどのくらいの割合で残っているかを記憶します。

10点札が多く残っていれば、或いは9・10・Aなどの高得点カードが残っている比率が高いほど、プレイヤーに有利になります。

逆に2から7までの低い点数カードが沢山残っている場合は、ディーラーが有利になります。この場合、高い点数のカードが配られる可能性はディーラー、プレイヤー共に同じですが、
・ディーラーにブラックジャックが入っても賭け金の損で済みますが、
・プレイヤー側に出現すれば1.5倍の配当になります。

更に、スプリット、ダブルダウンが選べるプレイヤーにとっては10点札が多くある場合、非常に有利になります。

まとめると以下のようになります。

10・Aが多く残っている=プレイヤー有利 のワケ

■ディーラーがバーストし易くなる
■ディーラーにブラックジャックが入っても賭け金損で済む
■プレイヤーにブラックジャックが出ると1.5倍の配当になる
■プレイヤーは10点札があるとスプリット、ダブルダウンが出来て有利

2-6のカードと10・Aのカードの枚数は同じなので、出現確率は同じです。
カードカウンティング1

カジノのゲームの面白さは、それが確率通りに行かず、潮目があることです。
カードカウンティングは、この潮目、傾向を掴んで、+が多い つまり、これから10~Aが出て、ディーラーをバーストさせる確率が高い、という時に攻めに出るわけです。

プラス多い⇒残りは10~Aの確率が高い⇒プレイヤーに有利
2~6: +1
7~9: 0
10~A: -1
マイナス多い⇒残りは2~6の確率が高い⇒ディーラーに有利

絵にしてみると、こんな感じでカウントを重ねていきます。
カードカウンティング3

実際のカジノでこれをやろうとすると、やはり、とてつもない記憶力と集中力が必要です。

一般的に、リアルカジノの場合は、4組のカードを使って平均10回位プレイするとシャッフルしますので、カードカウンティングも、そこからやり直さなくてはいけません。

1組のカードを使う場合もありますが、その場合は、2回のプレイでシャッフルしてしまいますので、カードカウンティングは意味がありません。

因みに、オンラインカジノも1回ごとにシャッフルするロジックになっているはずなので、カードカウンティングは使えません。

リアルなカジノの場合のコツは、前半5回は傾向を掴んでおいて、+側に傾いているなら後半はマイナス側、つまり10・Aの頻度が高まり、プレイヤー有利になるので、積極的に賭けて行きます。

頭の中での集計が出来て、以下のように+側が多く出ている(10・Aが多く残っている)場合は、積極的に攻めに出ていくということなんです。
カードカウンティング2

おすすめのオンラインカジノです。
32レッドカジノ

ベラジョンカジノ

ここまで読んで頂いて、お役に立つところがありましたらクリック頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ
にほんブログ村

ブラックジャック必勝法 勝つための考え方 4

ブラックジャックの必勝法、勝つための考え方の4回目です。
今日は、スプリットに適する場合を見てみます。
ラスベガス

(9)スプリットの作戦

スプリットは、プレイヤーの2枚の手札が同じ数字であったときに、これを別々の2口の賭けとすることです。

では、どういう場合にスプリットすると良いでしょうか。

■ 初めの2枚の手札のままでは勝ち目がない

■ スプリットした場合にも勝てそうなディーラーのアップカードである

■ 少なくともスプリットすればチャンスが生まれる

つまり、勝つためにスプリットをするので、5・5や10・10をわざわざスプリットして自分の賭け金を増やして自分の手を弱くしてしまってはいけません。

スプリットをするときの条件がカジノ、オンラインカジノによって異なる場合がありますが、
ワイルドジャングルカジノの例ですと、以下のようになっています。

   プレーヤーはスプリットの後にダブルにすることができます。
   エースをスプリットした際には1回のみしかカードを引けません。

スプリットした後、ダブルダウンにすることが許されていないカジノもあるのですが、これを認めるのがラスベガスの標準的なルールです。

それを前提にした場合の、スプリットのチャンスはこうなります。

クリックして戴くと拡大します。
ブラックジャック基本的考え方split

意外に積極的に攻めに出るべき場合が多いのがお分かり頂けると思います。

おすすめのオンラインカジノです。
32レッドカジノ

ベラジョンカジノ

ここまで読んで頂いて、お役に立つところがありましたらクリック頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ
にほんブログ村

ブラックジャック必勝法 勝つための考え方 3

ブラックジャックの必勝法、勝つための考え方の3回目です。
今日は、ダブルダウンに適する場合を見てみます。
カジノ写真1

(9)ダブルダウンの作戦

プレイヤーに2枚の手札が配られ、ディーラーの1枚がアップカードなった時点で、双方の強弱が分かります。

プレイヤーの勝ち目が多いと判断出来れば、カードを1枚しかヒットしない条件で賭け金を2倍にするわけです。

忘れてならないのは、この表に書いてあるのは統計的、確率的に有利だということなので、ダブルにした上で負けることもあるということです。

ただ、そうした不運があっても、統計的には有利なので、数をこなすうちに勝つ可能性が高まるというわけです。

クリックして戴くと拡大します。
ブラックジャックダブルダウン

おすすめのオンラインカジノです。
32レッドカジノ

ベラジョンカジノ

ここまで読んで頂いて、お役に立つところがありましたらクリック頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ
にほんブログ村

ブラックジャック必勝法 勝つための考え方 2

ブラックジャックの必勝法、勝つための考え方の2回目です。
カジノ建物1

(6)一般的なヒット・スタンド作戦
前回はディーラーの手札とプレイヤーの手札合計の評価について考えましたが、それら二つを合わせると、基本的なセオリーが出来上がります。
(クリックして戴くと拡大します)
ブラックジャック基本的考え方HS
(プレイヤーのAを1と数えた場合)

この内訳を細分化するとベーシックストラテジーのチャート表に行きつくのですが、こうやって整理すると覚えやすくなるかと思います。(このまとめは、プレイヤーのAを1と数えるHARDの場合、という前提付きです)

11以下なら何も考えずにヒットしてしまえ、17以上のときも何も考えずスタンドする・・・等々。

では、自分の手札とディーラーのアップカードの強弱判定だけでヒット・スタンドを選択しても、前回お伝えした「ディーラーと全く同じ条件で闘うと5.5%ディーラーが有利」を打ち破ることは難しいです。

・Aが手札にあるとき
・ダブルダウン
・スプリット

のチャンスをどう生かすかが重要になってきます。

(7)プレイヤーのソフトの手札は全て良い手である

A札を1と数える:ハード
A札を11と数える:ソフト

このどちらで数えるかは、プレイヤーに都合の良い方でよいわけです。
カードをヒットした後に、数え方を変えても良いのです。

Aが1枚入った手札は、どんな組み合わせでも次のヒットでバーストしません。

手札 A=11、8 ⇒ ヒットで10 が来たら A=1に数えて 1+8+10=19
手札 A=11、3 ⇒ ヒットで7 が来たら A=11に数えて 11+3+7=21 めでたくブラックジャック

A=11と数えるソフトの手札のときこそ「ディーラーをやっつけろ」のチャンスです。

アンドリュー・F・ゴールドスミス氏はこのように教えてくれます。
「ソフトの手札のときには、カードを引かぬスタンド作戦で、引き分けが目一杯とか ディーラーのバーストだけが頼り といった消極的な作戦ではなく、逆に常識破りの積極的な作戦で闘う方が、結果的にそして統計的に有利なのです。」

(クリックして戴くと拡大します)
ブラックジャック基本的考え方A

次回は、ダブルダウン、スプリット等のお話をします。
ダブルダウンは、プレイヤーに2枚が配られ、ディーラーの1枚のアップカードを見た上で、勝ち目があると判断したら、カードを1枚しかヒットしない条件で賭け金を2倍にする賭け方です。

おすすめのオンラインカジノです。
32レッドカジノ

ベラジョンカジノ

ここまで読んで頂いて、お役に立つところがありましたらクリック頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ
にほんブログ村

ブラックジャック必勝法 勝つための考え方 1

ブラックジャックの必勝法はベーシックストラテジーのチャート表に集約されていますが、カジノ教本に沿って、勝つための考え方を整理しておきたいと思います。
ベラジョンブラックジャック0107

(1)ディーラーが有利なのか?
ディーラーが有利かどうかを検証してみます。

■ブラックジャックはルーレットと違い、カジノ側が配当からハウスエッジを引いて少な目に配当する「控除率」はありません。

■プレイヤーがブラックジャックのときは3 to 2 (つまり1.5倍)の配当を受けられるのに対し、ディーラーがブラックジャックであっても1.5倍を支払う必要がありません。

■プレイヤーはスプリット、ダブルダウン(倍賭け)といった戦術選択が出来ますが、
 ディーラーは手札合計が16以下ならカードを引き、17以上ならそれで勝負すると規定されているだけです。

(2)ディーラーと同じ条件で闘うと?
プレイヤーがディーラーと同じ、「16以下ならカードを引き、17以上ならそれで勝負」という戦術を取るとどうなるでしょう。
プレイヤーもディーラーと同じ確率でバーストします。28%、つまり4回に1回より少し多い回数です。

ただし、プレイヤーがバーストした場合は、ディーラーもバーストしていたとしても、プレイヤーが優先的に負けです。
従って、同時にバーストするチャンス28%x28% = 7.84%はディーラー側が有利です。

しかし、プレイヤーのブラックジャックは3 to 2 (1.5倍)の配当となり、ディーラーのブラックジャックに割増が無いことを計算すると、プレイヤーがディーラーと同じ戦術を行った場合、ディーラー側が5.5%有利という計算になります。

しかし、プレイヤー側には、スタンド、ヒット、スプリット、ダブルダウンを選ぶ権利があるので、この5.5%の不利は十分に逆転させることが出来ます。

(3)手札の点数を高くすることが目的ではない
1回のゲーム毎にディーラーより高い点数にして勝ちたい、と考えてはいけません。
高い点数を狙うあまり、カードを引き過ぎたり、バーストしないことだけを考えて点数が低くてもスタンドして、結局ディーラーの手札より低くて負けてしまうことになってしまいます。

双方の手札の強弱をポジションをはっきりと判断出来れば、次の取るべき戦術(ディーラーをバーストさせるように仕向けるのか、自分の点数を高くするのか)が決まって来ます。

(4)ディーラーの手札の強弱の判定
ディーラーの手札の1枚はアップカードとして表向きにされますので、プレイヤーはもう1枚の見えないカードを想定して強弱の判定をします。

1組52枚のカードのうち10点と数える札が、10・J・Q・K各4枚で16枚、16/52=30.76% つまり約3分の1が10点札です。

ディーラーのアップカードが2,3,4,5,6の場合は、見せない札が10点札と考えて、ディーラーがこれ以上引かない17点以上にするためには3枚目のカードを引かねばならず、ディーラーバーストの可能性を含んだ弱い手札と判断します。

ディーラーのアップカードが7,8,9,10,A の場合は、逆に2枚で十分に強い手札と考えます。

表にするとこうなります。
ブラックジャック手札の強弱判定1-1

(5)プレイヤーの手札の強弱
同様に、プレイヤー自身の手札の強弱も判定出来ます。

11以下ならヒットしてもバーストしないので、ダブルダウンしても良いくらいです。
19,20,21ならこのまま勝負の結果を待つだけです。

表にまとめると以下のようになります。
ブラックジャック手札の強弱判定1-2

さて、この二つの表を組み合わせると、基本的な対応表が出来上がります。
明日は、その表をお見せします。

こうやって考え方を積み上げて行けば、チャート表首っ引きでなくても良くなりますし、本当のカジノに行った時に判断に迷うことなく確率のゲームを楽しむことが出来ます。

おすすめのオンラインカジノです。
32レッドカジノ

ベラジョンカジノ

ここまで読んで頂いて、お役に立つところがありましたらクリック頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ
にほんブログ村

ブラックジャック必勝法 ベーシックストラテジー ベラジョンで勝てた!

ブラックジャック必勝法のベーシックストラテジー チャート表に基いて、ベラジョンカジノの4-5回目に挑戦しました。

今日は勝ちました!
ブラックジャック20140113

一応、12プレイをワンセットとして今日が4回目ですが、ディーラーも私も共にバーストが2回、
ブラックジャックが出たのがディーラー3回、私が2回で2ドルの負けでした。
勝率がほぼ五分五分だったので、もしかして今日は行けるかも、と思ってもう12プレイやった結果、
トータル3ドルの勝ちでした。

ブラックジャック20140113結果

後半に起きたスプリット(10が2枚だったので、これをスプリット)の回に、ディーラーが
バーストしてくれたのが勝因です。

後半はディーラーのバースト件数が、5件にもなりました。ディーラーがバーストしてくれる
ように仕向けていくのがベーシックストラテジーですが、今日は結構うまく行きました。

勝率が今日全体で丁度50%でしたが、金額的にはプラスでした。

ベラジョンカジノをお試しの方は、オンラインカジノの総合情報サイト「オンカジ」経由で登録すると登録・入金のマニュアルが貰えたり特典が付くので、こちらベラジョンカジノから入ると良いです。

「オンカジ」経由の特典について

ベラジョンカジノに無料会員登録をするだけで$15が貰えるというキャンペーンを行っています。
登録が完了したら、ベラジョンカスタマーサポートにメールにて$15ボーナスの申請するだけです。
サポートからの返信後、ボーナスが反映されて入金不要で有料版で遊べます。これ、かなり楽ちんです。

有料ゲームが出来るようになると、ライブゲームの美人ディーラーの姿を見ることが出来ます。

もう一つ、登録から入出金まで事細かに書いてくれているブログ「ベラジョンカジノ」があって、こちらのサイトもスゴク役立ちました。

ここまで読んで頂いて、お役に立つところがありましたらクリック頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ
にほんブログ村

ベーシックストラテジー チャート表 32レッドカジノ

ブラックジャックのベーシックストラテジーのチャート表ですが、総合情報サイト「オンカジ」から32レッドカジノに登録手続きをした際に貰ったものは以下の内容です。

ブラックジャック ベーシックストラテジー チャート表
(手持ちカードがペアの場合の並び順を小さい数から始める形に並び替えてあります。オンカジから入手したガイドブックと、この部分の並び順を違えてあります。)

私が、オンラインカジノのプレイをするにあたって頼りにしているのが、「カジノ教本」という教科書です。
アンドリュー・ゴールドスミスという著名なカジノプランナーで、マネージャー・ディーラーの教育・指導者が著した本です。
カジノ教本 愛蔵版

この教科書に書かれているチャート表が、若干オンカジから貰ったものと異なっていました。
ハードハンド(エースを含まないか1として数える場合)は全く同じでしたが、
ソフトハンド(エースを11として数える場合)と手持ちカードがペアの場合に、若干の違いがありました。
クリックして戴くと拡大します。
ブラックジャック ベーシックストラテジー 教本チャート表
この教科書の設定する条件は、以下になりますが、ラスベガスやアトランティックシティのスタンダードなカジノと同じです。
・複数組のカードを使用している
・ダブルダウンがどんな組み合わせでも出来る
・スプリット後にダブルダウンが出来る
・ディーラーは全ての17でスタンドする

32レッド向けチャートと異なる部分に斜線を施してあります。

オンラインカジノによって、もっと言えばゲーム制作会社によって対応するチャート表が違って来るお話を昨日書きましたが、やはり少しずつ最適解が異なって来るんでしょうね。

当面、32レッドカジノについてはオンカジから貰ったチャート表でプレイして見ますが、少しデータが溜まったらカジノ教本を使っていたらどうなったていたか、といった検証もしてみたいと思っています。

ここまで読んで頂いて、お役に立つところがありましたらクリック頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ
にほんブログ村