ブラックジャック必勝法無料ソフト

ブラックジャックの必勝法・攻略法は無料ソフトで練習できます

オンラインカジノ無料ソフト
ベーシックストラテジーと言われる必勝法を存分に試してみて下さい。

ブラックジャックには大きく二つの必勝法・攻略法があります。

■ベーシックストラテジー チャート表

ディーラーとプレイヤーのカードの出目によって、プレイヤーは
勝つ可能性の高い次の一手を決めて打って行くのですが、
ベーシックストラテジーのチャート表という、勝つ確率の高い次の手を表にした
虎の巻に従う方法です。

リアルカジノでチャート表を見ながらプレイするわけには行かないので、
オンラインカジノの無料モードで練習して感覚を掴むことをおすすめします。

オンラインカジノだと、ディーラーはPC画面なので、手元にチャート表を置いて
それを見ながらプレイすることも可能なので、練習にはうってつけです。

■カードカウンティング

俳優のベン・アフレックさんがラスベガスのカジノでこのカードカウンティングを
行っていたとされ、カジノからブラックジャックをプレイすることを断られた話が有名です。

一つのテーブルで4組のカードを使って、10回くらいゲームをするといった標準的なプレイで、
オープンカードとして前半5回くらいに配られたカードを見て、残りの後半に配られるカードを予測し
勝てると見たら積極的に賭けていく方法です。

大まかな傾向をつかむことは素人でもやっていることですが、これを極めて正確にカウンティングする
プレイヤーにカジノが警戒していて、カジノはそうしたプレイヤーにプレイ禁止を申し出ることが出来ます。
違法行為というわけではありません。ベン・アフレックさんは頭が良すぎたんですね。

カードカウンティングは、カードがシャッフルされると有効ではなくなります。
オンラインカジノの場合、相手はソフトウエアなので、毎回シャッフルされた状態になるので、
カードカウンティングは意味がありません。

オンラインカジノでも、リアルな美人ディーラーを相手にプレイ出来るライブゲームの時は有効だと思います。

いずれにせよ、
ベーシックストラテジーのチャート表をマスターすることがブラックジャック攻略、必勝法の基本なので
オンラインカジノの無料モードはおすすめです。
本サイトでご紹介しているオンラインカジノは全て無料モードでプレイが出来ます。

本サイトでは、幾つかのおすすめのオンラインカジノでブラックジャックをプレイした日記
ベーシックストラテジーそのものについて詳しくご説明していますので、これらをご覧頂くと
参考になるかと思います。

オンラインカジノで本格的にブラックジャックをプレイするなら、
32レッドカジノがおすすめです。そのワケは・・
ブラックジャックならどのオンラインカジノがいい?
をご覧下さい。

ここまで読んで頂いて、お役に立つところがありましたらクリック頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ
にほんブログ村

ブラックジャックの必勝法・攻略法でホントに勝てるの? 初心者の方へ

ブラックジャックの必勝法・攻略法で本当にカジノやオンラインカジノで勝てるの?稼げるの?
初心者の方に勝ち方、ベーシックストラテジーとカードカウンティングについてご説明します

1.ベン・アフレックがラスベガスのカジノでブラックジャック禁止 その真相は?

ベン・アフレック
脚本家やプロデューサーの顔も持つアメリカの人気俳優、ベン・アフレックさんが、
ラスベカス「ハードロック・ホテル&カジノ」からブラックジャックを禁止された、
ということがニュースになっていました。

ベン・アフレックさんがやっていたのは、カードカウンティングですが、
ブラックジャックをカジノでプレイする人は、大なり小なりこの必勝法で
カードの出方を予測するわけです。

要するにベン・アフレックさんの頭が良すぎて、勝ち過ぎるものだから、カジノ側が音を上げて
「ベン・アフレックさん降参です。ブラックジャックだけは禁止させて下さい。」
ということになったわけです。
カードカウンティングは違法行為ではありませんが、カジノは禁止措置を行う権利があります。

これ、ブラックジャックプレイヤーからすれば勲章のような話です。
美人の奥さんをはべらせてプレイしながら、カジノに「降参です」と言わせるなんて!!
カッコ良すぎです(ー_ー)!!
ジェニファー・ガーナー

新作映画「バットマン&スーパーマン」でバットマン役を演じるベン・アフレックさんが
撮影開始を控えて、妻ジェニファー・ガーナーさんと過ごしたラスベガスでの休暇のエピソードです。

2.カードカウンティングって何?

ベラジョンブラックジャック
ブラックジャックはトランプゲームですが、ルールはおおまかに言うと、
・ディーラーとプレイヤーが対戦して、
・配られたカードの合計が21を超えたらバーストといって負けになります。
・21が「ブラックジャック」なので、これが出た方が勝ち
・21より小さい数字になったら、大きい方が勝ち
ということです。ポーカーのように手を幾つも覚える必要はありません。

ブラックジャックのルールについて詳しくは、関連サイト
安心オンラインカジノ総合案内」をご覧ください。

カードは、クラブ、ダイヤ、ハート、スペードの4種が各13枚です。(ジョーカーは使いません)
10、11、12、13は全て10と数えます。Aは1としても10としてもカウント出来ます。

たとえば、プレイヤーが6人、ディーラー一人のテーブルで一般的なのは、
4組のカードを使って10回くらいのプレイをします。
1回に配られてオープンされるのは13枚です。
前半5回位は10点札が何枚か様子を見ておいて、残りのカードに10点札が多い場合は、
後半5回は10点札が多く出て来るので、賭け金を2倍、3倍と増やして積極的に戦います。

記憶力と集中力に優れている人は、この残カードの傾向を見事につかむので、
どんどん勝つわけです。

ただ、これが有効なのは、カードがシャッフルされるまでです。
シャッフルされると、一旦均一化されてしまいますものね。
これがランドカジノでの勝ち方の極意です。

カードカウンティングについて詳しくはカードカウンティングをご覧ください。

3.ブラックジャックの必勝法・攻略法はベーシックストラテジーに尽きます

伝統的必勝法・攻略法であるベーシックストラテジー チャート表は、
どのカジノ教科書にも必ず載っている、確率論に基いた攻略法です。
ブラックジャック ベーシックストラテジー チャート表
ディーラーの表になった1枚と自分の2枚のカードを見比べて、もう1回カードをひくか
ひかずに、ディーラーにひかせて、ディーラーをバーストに追いやるかを判断するわけです。

結構稼げます、という実感を持って頂ける動画のページもご覧ください。

ベーシックストラテジーに関する詳しいご説明は、
ブラックジャック必勝法 ベーシックストラテジー
をご覧ください。初心者の方が、勝ち方を簡単に理解できるよう図でご説明しています。

最初にご説明したカードカウンティングは、ベーシックストラテジーを使ったうえで
その勝率を上げるために行うものです。

ベーシックストラテジーなくして、ブラックジャックで勝つことは出来ません。

4.必勝法・攻略法ベーシックストラテジーはカジノにもオンラインカジノにも通用するが
カードカウンティングはオンラインカジノでは通用しない

カードカウンティングは、リアルなカジノでは有効ですが、
オンラインカジノでは、意味がありません。コンピュータソフトなので、
毎回カードがシャッフルされるのに等しいからです。

でも、リアルなカジノで、ベーシックストラテジーのチャート表を見ながら賭ける
なんて恥ずかしいことは出来ませんが、
オンラインカジノなら、チャート表首っ引きでプレイが出来てしまいます。

オンラインカジノは、きちんとカードがランダムに出るようにロジックが
組まれていますので、ベーシックストラテジーが通用します。

おすすめは、オンラインカジノでベーシックストラテジーを覚えて、
あわよくば、オンラインカジノでリアルなカジノへの旅費を捻出することです。

カードカウンティングの方法は、本サイトでも詳しくご説明していますので、
カジノに行く前に見ておいて下さいネ。

4.ブラックジャックはコツコツ稼ぐばかりじゃなく、
オンラインカジノなら一攫千金も狙えるんです

オンラインカジノは無料ゲームをトレーニングに利用することも出来ますし、
ベーシックストラテジーでコツコツ稼ぐことも出来ます。更には、
一攫千金を狙えるオンラインカジノがあるんです

ブラックジャックをプレイするのにおすすめのオンラインカジノは、
ブラックジャックでおすすめしたいオンラインカジノ
をご覧ください。

ここまで読んで頂いて、お役に立つところがありましたらクリック頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ
にほんブログ村

ブラックジャック必勝法 勝つための考え方 5

ブラックジャックの必勝法、勝つための考え方の5回目です。
今日は、インシュアランスとカードカウンティングについてです。
ラスベガス

(10)インシュアランスは賭けない方がいい

インシュアランスというのは、ディーラーのアップカードがAのときに、ブラックジャックを封じるための保険賭けのことです。

隠されたカードが10点札であれば、保険賭けをしておくと2 to 1(2倍)の配当があります。最初の賭け金は負けになりますが、結局差し引き±0になるわけです。

52枚1組のカードの場合で考えますと
■10点以下:36枚  比率2.25
■10点札 :16枚  比率1

となりますので、2倍の配当ではプレイヤーにとっては不利になります。

プレイヤーにもブラックジャックが出来ている場合、A 2枚、 10点札 1枚が分かっていますので、残りのカードの比率は
■10点以下:34枚  比率2.26
■10点札 :15枚  比率1

となりますので、これまた2倍の配当ではプレイヤーに不利です。

このようにインシュアランスを賭けると、カジノ側に有利になってしまうので、保険は賭けないと割り切って、スプリットやダブルダウンの判断にエネルギーを注いだ方が良いと言えます。

(11)10点札はどっちに味方する?簡単なカードカウンティング

抜群の記憶力を誇る人は、ブラックジャックで勝つことが可能です。
エドワード・ソープ氏の「Beat the dealer」でも、10点札がどのくらいの割合で残っているかを記憶します。

10点札が多く残っていれば、或いは9・10・Aなどの高得点カードが残っている比率が高いほど、プレイヤーに有利になります。

逆に2から7までの低い点数カードが沢山残っている場合は、ディーラーが有利になります。この場合、高い点数のカードが配られる可能性はディーラー、プレイヤー共に同じですが、
・ディーラーにブラックジャックが入っても賭け金の損で済みますが、
・プレイヤー側に出現すれば1.5倍の配当になります。

更に、スプリット、ダブルダウンが選べるプレイヤーにとっては10点札が多くある場合、非常に有利になります。

まとめると以下のようになります。

10・Aが多く残っている=プレイヤー有利 のワケ

■ディーラーがバーストし易くなる
■ディーラーにブラックジャックが入っても賭け金損で済む
■プレイヤーにブラックジャックが出ると1.5倍の配当になる
■プレイヤーは10点札があるとスプリット、ダブルダウンが出来て有利

2-6のカードと10・Aのカードの枚数は同じなので、出現確率は同じです。
カードカウンティング1

カジノのゲームの面白さは、それが確率通りに行かず、潮目があることです。
カードカウンティングは、この潮目、傾向を掴んで、+が多い つまり、これから10~Aが出て、ディーラーをバーストさせる確率が高い、という時に攻めに出るわけです。

プラス多い⇒残りは10~Aの確率が高い⇒プレイヤーに有利
2~6: +1
7~9: 0
10~A: -1
マイナス多い⇒残りは2~6の確率が高い⇒ディーラーに有利

絵にしてみると、こんな感じでカウントを重ねていきます。
カードカウンティング3

実際のカジノでこれをやろうとすると、やはり、とてつもない記憶力と集中力が必要です。

一般的に、リアルカジノの場合は、4組のカードを使って平均10回位プレイするとシャッフルしますので、カードカウンティングも、そこからやり直さなくてはいけません。

1組のカードを使う場合もありますが、その場合は、2回のプレイでシャッフルしてしまいますので、カードカウンティングは意味がありません。

因みに、オンラインカジノも1回ごとにシャッフルするロジックになっているはずなので、カードカウンティングは使えません。

リアルなカジノの場合のコツは、前半5回は傾向を掴んでおいて、+側に傾いているなら後半はマイナス側、つまり10・Aの頻度が高まり、プレイヤー有利になるので、積極的に賭けて行きます。

頭の中での集計が出来て、以下のように+側が多く出ている(10・Aが多く残っている)場合は、積極的に攻めに出ていくということなんです。
カードカウンティング2

おすすめのオンラインカジノです。
32レッドカジノ

ベラジョンカジノ

ここまで読んで頂いて、お役に立つところがありましたらクリック頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ
にほんブログ村

ブラックジャック必勝法 カードカウンティング

ブラックジャックの必勝法として、マサチューセッツ工科大学(MIT)の学生達が5年で6億円を勝ち取ったカードカウンティングが挙げられます。

カリフォルニア大学のエドワード・ソープ教授 Edward Thorp が、”Beat The Dealer” (1962) という著書でテン・カウントというカードカウンティング手法を発表したものです。

配られたカードから、ディーラーとプレイヤーのどちらに有利なカードが多く残っているか推測し、プレイヤーに有利と判断したら、大金を賭けて大勝ちする手法です。

カードがシャッフルされてしまうまではこの推測は成り立つので、リアルなカジノでは有効な方法と言えます。

ディーラーは、手札の合計点数が 16 点以下であればヒット(カードを引く)しなければならないので、数の大きいカードが多く残っていると、ディーラーがバーストし易くなり、プレイヤーが有利になるという特性を利用したものです。

最近話題となったMITの学生たちのカウンティングは、
2~6: +1
7~9: 0
10~A: -1
として加算し、+が多い つまり、これから10~Aが出て、ディーラーをバーストさせる確率が高くなる、というわけです。

オンラインカジノですと、このシャッフルが頻繁に行われるような設定になっていると、このカウンティングは意味を為さなくなります。

本サイトでは、再びベーシックストラテジーに戻って実践してみたいと思います。

ここまで読んで頂いてお役に立てることがありましたら、クリック頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ
にほんブログ村