ブラックジャック必勝法 勝つための考え方 2

ブラックジャックの必勝法、勝つための考え方の2回目です。
カジノ建物1

(6)一般的なヒット・スタンド作戦
前回はディーラーの手札とプレイヤーの手札合計の評価について考えましたが、それら二つを合わせると、基本的なセオリーが出来上がります。
(クリックして戴くと拡大します)
ブラックジャック基本的考え方HS
(プレイヤーのAを1と数えた場合)

この内訳を細分化するとベーシックストラテジーのチャート表に行きつくのですが、こうやって整理すると覚えやすくなるかと思います。(このまとめは、プレイヤーのAを1と数えるHARDの場合、という前提付きです)

11以下なら何も考えずにヒットしてしまえ、17以上のときも何も考えずスタンドする・・・等々。

では、自分の手札とディーラーのアップカードの強弱判定だけでヒット・スタンドを選択しても、前回お伝えした「ディーラーと全く同じ条件で闘うと5.5%ディーラーが有利」を打ち破ることは難しいです。

・Aが手札にあるとき
・ダブルダウン
・スプリット

のチャンスをどう生かすかが重要になってきます。

(7)プレイヤーのソフトの手札は全て良い手である

A札を1と数える:ハード
A札を11と数える:ソフト

このどちらで数えるかは、プレイヤーに都合の良い方でよいわけです。
カードをヒットした後に、数え方を変えても良いのです。

Aが1枚入った手札は、どんな組み合わせでも次のヒットでバーストしません。

手札 A=11、8 ⇒ ヒットで10 が来たら A=1に数えて 1+8+10=19
手札 A=11、3 ⇒ ヒットで7 が来たら A=11に数えて 11+3+7=21 めでたくブラックジャック

A=11と数えるソフトの手札のときこそ「ディーラーをやっつけろ」のチャンスです。

アンドリュー・F・ゴールドスミス氏はこのように教えてくれます。
「ソフトの手札のときには、カードを引かぬスタンド作戦で、引き分けが目一杯とか ディーラーのバーストだけが頼り といった消極的な作戦ではなく、逆に常識破りの積極的な作戦で闘う方が、結果的にそして統計的に有利なのです。」

(クリックして戴くと拡大します)
ブラックジャック基本的考え方A

次回は、ダブルダウン、スプリット等のお話をします。
ダブルダウンは、プレイヤーに2枚が配られ、ディーラーの1枚のアップカードを見た上で、勝ち目があると判断したら、カードを1枚しかヒットしない条件で賭け金を2倍にする賭け方です。

おすすめのオンラインカジノです。
32レッドカジノ

ベラジョンカジノ

ここまで読んで頂いて、お役に立つところがありましたらクリック頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ
にほんブログ村

ブラックジャック必勝法 勝つための考え方 1

ブラックジャックの必勝法はベーシックストラテジーのチャート表に集約されていますが、カジノ教本に沿って、勝つための考え方を整理しておきたいと思います。
ベラジョンブラックジャック0107

(1)ディーラーが有利なのか?
ディーラーが有利かどうかを検証してみます。

■ブラックジャックはルーレットと違い、カジノ側が配当からハウスエッジを引いて少な目に配当する「控除率」はありません。

■プレイヤーがブラックジャックのときは3 to 2 (つまり1.5倍)の配当を受けられるのに対し、ディーラーがブラックジャックであっても1.5倍を支払う必要がありません。

■プレイヤーはスプリット、ダブルダウン(倍賭け)といった戦術選択が出来ますが、
 ディーラーは手札合計が16以下ならカードを引き、17以上ならそれで勝負すると規定されているだけです。

(2)ディーラーと同じ条件で闘うと?
プレイヤーがディーラーと同じ、「16以下ならカードを引き、17以上ならそれで勝負」という戦術を取るとどうなるでしょう。
プレイヤーもディーラーと同じ確率でバーストします。28%、つまり4回に1回より少し多い回数です。

ただし、プレイヤーがバーストした場合は、ディーラーもバーストしていたとしても、プレイヤーが優先的に負けです。
従って、同時にバーストするチャンス28%x28% = 7.84%はディーラー側が有利です。

しかし、プレイヤーのブラックジャックは3 to 2 (1.5倍)の配当となり、ディーラーのブラックジャックに割増が無いことを計算すると、プレイヤーがディーラーと同じ戦術を行った場合、ディーラー側が5.5%有利という計算になります。

しかし、プレイヤー側には、スタンド、ヒット、スプリット、ダブルダウンを選ぶ権利があるので、この5.5%の不利は十分に逆転させることが出来ます。

(3)手札の点数を高くすることが目的ではない
1回のゲーム毎にディーラーより高い点数にして勝ちたい、と考えてはいけません。
高い点数を狙うあまり、カードを引き過ぎたり、バーストしないことだけを考えて点数が低くてもスタンドして、結局ディーラーの手札より低くて負けてしまうことになってしまいます。

双方の手札の強弱をポジションをはっきりと判断出来れば、次の取るべき戦術(ディーラーをバーストさせるように仕向けるのか、自分の点数を高くするのか)が決まって来ます。

(4)ディーラーの手札の強弱の判定
ディーラーの手札の1枚はアップカードとして表向きにされますので、プレイヤーはもう1枚の見えないカードを想定して強弱の判定をします。

1組52枚のカードのうち10点と数える札が、10・J・Q・K各4枚で16枚、16/52=30.76% つまり約3分の1が10点札です。

ディーラーのアップカードが2,3,4,5,6の場合は、見せない札が10点札と考えて、ディーラーがこれ以上引かない17点以上にするためには3枚目のカードを引かねばならず、ディーラーバーストの可能性を含んだ弱い手札と判断します。

ディーラーのアップカードが7,8,9,10,A の場合は、逆に2枚で十分に強い手札と考えます。

表にするとこうなります。
ブラックジャック手札の強弱判定1-1

(5)プレイヤーの手札の強弱
同様に、プレイヤー自身の手札の強弱も判定出来ます。

11以下ならヒットしてもバーストしないので、ダブルダウンしても良いくらいです。
19,20,21ならこのまま勝負の結果を待つだけです。

表にまとめると以下のようになります。
ブラックジャック手札の強弱判定1-2

さて、この二つの表を組み合わせると、基本的な対応表が出来上がります。
明日は、その表をお見せします。

こうやって考え方を積み上げて行けば、チャート表首っ引きでなくても良くなりますし、本当のカジノに行った時に判断に迷うことなく確率のゲームを楽しむことが出来ます。

おすすめのオンラインカジノです。
32レッドカジノ

ベラジョンカジノ

ここまで読んで頂いて、お役に立つところがありましたらクリック頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ
にほんブログ村

ブラックジャック必勝法 ベーシックストラテジー チャート表 32レッドカジノ 考察 

ベーシックストラテジーのチャート表については、昔からのカジノ教本などで伝えられて来ているものと、各オンラインカジノ毎のソフトウエアによっても、更にはその中のゲームの種類(マルチハンドとシングルハンド等)によって違って来るということが分かって来ました。

ゲームケーカーには、プレイテック、マイクロゲーミング等がありますが、このメーカーの違いによって有利となる打ち手が異なって来るということなんですね。

32レッドカジノの登録の際にオンカジから取得したチャート表は、昔からの教科書通りだったので、これを見ながらベラジョンカジノのブラックジャックもやっていました。
そのためかどうかまだ確実ではありませんが、32レッドカジノはなんだかんだ言っても勝っているのに対して、ベラジョンカジノでは負けが込んでいます。

先ずは、32レッドカジノできちんとブラックジャックの勝率が上がることを確認してから、他のカジノに適合したチャート表を見出して、それを使ってプレイすることとしたいと思います。
32レッドカジノは、ロンドンの上場企業で最も古くオンラインカジノを始めた会社なので、プレイ内容も伝統的な内容に則っていて、教科書がそのまま使える、っていうことかも知れませんね。

1回に12プレイをした5回分の結果を日記に書きましたが、残金の記録を始めた3回目から5回目までの勝率は、プッシュ(引き分け)を除くと50%になって、10ドルのプラスになっています。
32レッドカジノについては、オンカジから提供されたチャート表で勝つ確率が上げられるように思います。

           勝率  プレイ数    収支
ベラジョンカジノ   32%   49(4回分)  -31ドル
32レッドカジノ    50%   36(3回分)  +10ドル

その他のカジノについても、各々に適合したチャート表を入手してプレイしてみたいと思います。

32レッドカジノをお試しの方は、オンラインカジノの総合情報サイト「オンカジ」経由で登録すると、ブラックジャック攻略法や登録・入金のマニュアルが貰えるので、こちら32レッドカジノがお得です。

ここまで読んで頂いて、お役に立つところがありましたらクリック頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ
にほんブログ村

ブラックジャック必勝法 ベーシックストラテジー ベラジョン3

ベラジョンカジノで3回目のブラックジャックです。ベーシックストラテジーのチャート表通りにやってみました。
ベラジョンブラックジャック0107

今日の結果はこちら↓
ベラジョンブラ㏍ジャック結果0107

13回プレイして13ドルの負け。今日も残念ながら負けました。

ベット金額を毎回2ドルのつもりが、勝った6回目に限って、誤って1ドルしか賭けなかったので、利益が2ドル減っていますが、これを加えても惨敗でした。

ディーラー側の10以上のカードの出現率が理論値の33%よりかなり多い46%にもなっていて、プッシュ(引き分け)を除く勝率は25%と、50%に遠く及びませんでした。

また、気を取り直してやってみます。

結果が思わしくないので、もう12回続けたらもっと負けが込んで更に8ドルの負け。
何と、22ドルもの負けになってしまいました。
明日も続けてみます。

ベラジョンカジノをお試しの方は、オンラインカジノの総合情報サイト「オンカジ」経由で登録すると登録・入金のマニュアルが貰えたり特典が付くので、こちらベラジョンカジノから入ると良いです。

もう一つ、登録から入出金まで事細かに書いてくれているブログ「ベラジョンカジノ」があって、こちらのサイトもスゴク役立ちました。

ここまで読んで頂いて、お役に立つところがありましたらクリック頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ
にほんブログ村

ブラックジャック必勝法 ベーシックストラテジー ベラジョン2

ベラジョンカジノで2回目のブラックジャックです。ベーシックストラテジーのチャート表通りにやってみました。

ブラックジャック20140105-1

今日の結果はこちら↓

ブラックジャック20140105結果

12回プレイして14ドルの負け。結果が思わしくないので、もう12回続けたらもっと負けが込んで更に8ドルの負け。
何と、22ドルもの負けになってしまいました。
明日も続けてみます。

ベラジョンカジノをお試しの方は、オンラインカジノの総合情報サイト「オンカジ」経由で登録すると登録・入金のマニュアルが貰えたり特典が付くので、こちらベラジョンカジノから入ると良いです。

もう一つ、登録から入出金まで事細かに書いてくれているブログ「ベラジョンカジノ」があって、こちらのサイトもスゴク役立ちました。

ここまで読んで頂いて、お役に立つところがありましたらクリック頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ
にほんブログ村

ブラックジャック必勝法 ベーシックストラテジー ベラジョン1

今日は、ベーシックストラテジー チャート表の検証をベラジョンカジノに移して実施してみました。

ブラックジャック20140104-1

チャート通りにヒット、スタンドを選んだ結果、今日の勝率は44%でした。
今日はプッシュ(引き分け)が3回もあり、勝率はこれを除いた回数で計算したものです。
結果的に、1ドルを増やして終わったので、一応「勝った」ものとします。
ブラックジャック結果1

ベラジョンカジノは、ソフトウエアをダウンロードしなくて良いブラウザ型のゲームなので、スマホでもプレイ出来るということで人気が高まっているサービスです。

画面のレイアウトがシャレていて、軽快な点は良いです。
ワイルドジャングルカジノだと、ゲームの履歴を見ることが出来るのですが、ベラジョンにはその機能は無いようです。

ベラジョンカジノをお試しの方は、オンラインカジノの総合情報サイト「オンカジ」経由で登録すると登録・入金のマニュアルが貰えたり特典が付くので、こちらベラジョンカジノから入ると良いです。

もう一つ、登録から入出金まで事細かに書いてくれているブログ「ベラジョンカジノ」があって、こちらのサイトもスゴク役立ちました。

ブラックジャック必勝法 カードカウンティング

ブラックジャックの必勝法として、マサチューセッツ工科大学(MIT)の学生達が5年で6億円を勝ち取ったカードカウンティングが挙げられます。

カリフォルニア大学のエドワード・ソープ教授 Edward Thorp が、”Beat The Dealer” (1962) という著書でテン・カウントというカードカウンティング手法を発表したものです。

配られたカードから、ディーラーとプレイヤーのどちらに有利なカードが多く残っているか推測し、プレイヤーに有利と判断したら、大金を賭けて大勝ちする手法です。

カードがシャッフルされてしまうまではこの推測は成り立つので、リアルなカジノでは有効な方法と言えます。

ディーラーは、手札の合計点数が 16 点以下であればヒット(カードを引く)しなければならないので、数の大きいカードが多く残っていると、ディーラーがバーストし易くなり、プレイヤーが有利になるという特性を利用したものです。

最近話題となったMITの学生たちのカウンティングは、
2~6: +1
7~9: 0
10~A: -1
として加算し、+が多い つまり、これから10~Aが出て、ディーラーをバーストさせる確率が高くなる、というわけです。

オンラインカジノですと、このシャッフルが頻繁に行われるような設定になっていると、このカウンティングは意味を為さなくなります。

本サイトでは、再びベーシックストラテジーに戻って実践してみたいと思います。

ここまで読んで頂いてお役に立てることがありましたら、クリック頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ
にほんブログ村

ブラックジャック必勝法 ベーシックストラテジー チャート表 32レッドカジノ 5回目

昨日に続いて、32レッドカジノでブラックジャックのベーシックストラテジー チャート表の検証です。

チャート通りにヒット、スタンドを選んだ結果、今日の勝率は50%になりました。

勝率は五分五分ですが、7ドル増で12回のプレイを終了しました。負けの殆どが、自爆(バースト)でした。

当方のバーストは4回にもなりました。

32redブラックジャック1229

 

こちらが16でディーラーが2というときは、理屈通り、期待通りにディーラーがバーストしてくれました。

5回を合わせると、勝率は27回/60回=45%となり、やはり50%を超えていないです。

32redブラックジャック表5

 

32レッドカジノをお試しの方は、オンラインカジノの総合情報サイト「オンカジ」経由で登録すると、ブラックジャック攻略法や登録・入金のマニュアルが貰えるので、こちら32レッドカジノがお得です。

ここまで読んで頂いて、お役に立つところがありましたらクリック頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ
にほんブログ村

ブラックジャック必勝法 ベーシックストラテジー チャート表 32レッドカジノ 4回目

昨日に続いて、32レッドカジノでブラックジャックのベーシックストラテジー チャート表の検証です。

32redブラックジャック1228

 

昨日同様に2ドルを賭けて12回プレイしましたが、勝率は33%に落ちました。

ヒットの指示に従って次のカードをひいたら、バースト(自爆)してしまったのが3回もありました。

32redブラックジャック表4

結果として11ドルのマイナス。昨日と合わせて僅かにプラスでした。

4回を合わせると、勝率は21回/48回=44%となり、50%を超えていないですね。

もうちょっとn数を増やしてから、考察してみたいと思います。

 

 

32レッドカジノをお試しの方は、オンラインカジノの総合情報サイト「オンカジ」経由で登録すると、ブラックジャック攻略法や登録・入金のマニュアルが貰えるので、こちら32レッドカジノがお得です。

 

 
ここまで読んで頂いて、お役に立つところがありましたらクリック頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ
にほんブログ村
 

ブラックジャック必勝法 ベーシックストラテジー チャート表 32レッドカジノ 3回目

32レッドカジノでのブラックジャックが、ベーシックストラテジーに従いながら過去2回とも負けたので、これは統計でいうn数が少ない、と考えて更に回を重ねてみました。

今日は、いきなりこちらがブラックジャックになっていたことが2回もあって、勝率は67%でした。

32redブラックジャック1

 

 

32redブラックジャック3

賭け金が2ドルでしたが、12回のゲームで14ドルを増やしました。

少し、セオリーに近づいて来たかも知れませんが、今日は何だか強運です。

32レッドカジノをお試しの方は、オンラインカジノの総合情報サイト「オンカジ」経由で登録すると、ブラックジャック攻略法や登録・入金のマニュアルが貰えるので、こちら32レッドカジノがお得です。